MENU

デリケートゾーン(VIOゾーン)の脱毛は黒ずみ、においの予防になる?

デリケートゾーンの臭いや黒ずみにもっとも効果のある方法の一つが脱毛になります。
脱毛というと無毛になるイメージがありますがVIOの脱毛は無毛にする部分とそうでない部分に分かれます。

 

ここでは各部位ごとにどのような脱毛方法があり、どの様なメリットデメリットがあるのかを一緒に考えていきましょう。

 

 

Vラインの脱毛

 

Vラインの脱毛は海外ではハイジニーナ脱毛、ブラジリアンスタイル、などにあるように完全無毛にすることもあります。
ですが、日本では完全無毛ではなく、Vラインの縮小や毛量を減らして自然なVラインを作る脱毛が主流です。

 

Vライン毛量を整えることで生まれるメリットは衛生面の向上になります。蒸れなどを起こしにくくすることと汗や排泄物がVラインのむだ毛に絡まることの防止もできます。

 

女性の場合は生理時の経血なども付着しにくくなるので不快感、かぶれなども大幅に緩和するメリットがあります。

 

Iライン、Oラインの脱毛

 

Iライン、Oラインの脱毛はメリットしかありません。この二箇所は隣接する部分であり、人によってはむだ毛がつながっている場合もあり、臭いなどのおおきな原因になります。
Iラインは性器や性器周辺のむだ毛であり、Oラインは肛門周辺のむだ毛です。

 

男性などはIライン、Oラインに密集したむだ毛が生えている人などもおり、排泄物がむだ毛に絡まって残っていたり、拭き残しやトイレットペーパーの付着なども珍しくはありません。
VIOの脱毛は女性もですが、男性にも人気が高いのはこの面からになっています。

 

Iライン、Oラインはもっと早く脱毛するべきだったという声が圧倒的に多く、それだけデリケートゾーンの悩みにむだ毛は密接に絡まっているといえます。

 

排泄物の臭いや性器周辺の体臭などはまざることでスメルハラスメントになることもしばしばあります。
また、Iライン、Oラインの皮膚は薄いこともありかぶれなども起こりやすいのでむだ毛が悪循環を引き起こすことはめずらしくありません。

 

 

IラインOラインのむだ毛は現代の生活において必要なものではなく、逆に臭いや衛生面からも脱毛しておいた方がいい場所になります。

 

 

自宅でのVIOの脱毛はどうするの?

 

流行のブラジリアンワックスは?

 

VIOのセルフ脱毛で最初に出てくるのは「ブラジリアンワックス」になる人も多いと思います。ブラジリアンワックスは塗ってはがすだけでむだ毛がワックスに絡まり、根元から抜けやすくこまめにVIOを手入れしたい人に人気が高いです。
広範囲の脱毛も一気にできることからも自宅でのVIOにはブラジリアンワックスを愛用する人も多いです。

 

ただ、

 

ブラジリアンワックスは根元から抜けても、時間がたてばまたむだ毛は生えてくることになります。毛根の動きを止めるものではないので一時的な脱毛効果と考えておくべきでしょう。

 

自宅で気軽に出来る脱毛器具は?

 

最近では自宅用のフラッシュ脱毛器具などもありますが、非常に高価な場合が多く、下準備なども大変です。

 

脱毛後のケアもしっかりとしなければいけないのと自分で黙視できない部分へのフラッシュの照射は非常に難しい面が出てきます。

 

また、この類の脱毛器具の場合、Vラインの脱毛はできてもI,Oができないということも珍しくはありません。

 

価格も10万円前後のものが多く、決してお手軽とは言えないものです。

 

サロンに通う時間が取れない人や、むだ毛が少ない、薄いという人にはいいかもしれませんが満足度が高い仕上がりかどうかは断言できない部分があります。

 

手間や仕上がりを考えると、金銭面も含めて家庭用脱毛器は簡単にお勧めとは言えないものです。

 

 

効果があるのは脱毛サロンや脱毛クリニック

 

脱毛サロンやクリニックでは脱毛だけはなく、くろずみなども簡単に緩和してくれます。

 

その理由は、

 

脱毛の際のフラッシュなどでメラニンに反応させる際に色素沈着で出来たメラニンも一緒に分解してくれるので、脱毛をかさねるほどに黒ずみなどは消えていきます。

 

クリニックでの脱毛の場合は、カウンセリングや施術中に相談することもできるので別途黒ずみやにおいのケアの専用の医薬品の処方を受けることができます。

 

クリニックは「美容外科」「美容皮膚科」のいずれかの医療機関であることが多く、どちらも美容に関する悩みのケアの専門になっています。

 

私の周りでもクリニックで脱毛の際に、「ついでケア」として黒ずみの対策やケア用品を処方してもらっている人は多く、もっと早く聞くべきだったとも言われます。

 

クリニックにはまだ抵抗がある、という場合には脱毛に行く決心がつくまでに効果の高いケア用品を使った人も少なくありません。

 

とはいっても、VIO脱毛をする際に

 

脱毛サロン、脱毛クリニックでメリットデメリットはあります。

 

 

サロンでのVIOの脱毛の落とし穴

 

サロンでのVIOの脱毛は、希望の仕上がりまでに1〜3年前後かかると閑雅て得おくといいでしょう。これは、コースなどによっては全身脱毛に組み込まれており、年間で3〜4回のVIO脱毛ということもあるからです。

 

サロンでは全身脱毛とVIO脱毛に分かれていることもありますが、よりしっかりとVIOを脱毛したい場合は全身脱毛に入っているコースよりも個別のVIOの方が満足度が高いことも多いです。

 

サロン脱毛はフラッシュでVIOを脱毛していくのですが、事前にセルフシェービングを虎なってくことになります。この際に大事なのは剃り残しの問題になります。

 

剃り残しがある場合はほとんどのサロンでは剃り残した部分にはフラッシュを当ててくれません。Vラインは目視できるのでまだ安心できますが、IラインやOラインなどは自分では完全にシェービング出来ない場合も多々あります。

 

ここで大事なのはサロンが剃り残しを剃ってくれるのか?になります。剃ってくれるならば有料でも剃ってもらったほうが満足度が高くなります。
サロンで対応は違いますが「有料で剃ってくれる」「持ち込んだシェーバーで無料で剃ってくれる」「コースの中にシェービング料金が入っている」などのサロンであれば安心できると思います。

 

全身脱毛やVIOの脱毛の際にはこの剃り残しに対する対応を必ず確認しましょう。

 

また、VIOはサロン脱毛でも痛みを伴います。これはVIOのむだ毛は太く堅いことが多いからであり、フラッシュは毛根部のメラニンに反応させるものだからです。

 

耐えられないほどの痛さではありませんが、無痛の脱毛であると考えるのはやめておきましょう。

 

サロンでの脱毛のデメリットは?

 

サロンでの脱毛のデメリットは主に「時間がかかる」になります。VIOは発毛率が高い部分でもあり、表面に見える三倍の量が皮膚の下にあるとも言われています。
これが入れ替わるたびに脱毛をしていく形なのでサロンによってはVIO脱毛し放題や5年コースなどの提案も珍しくはありません。

 

サロンでのVIO脱毛は満足いく前に脱毛の回数が終わってしまうなどもあるのでむだ毛が多い、濃いと考える人はクリニックでの脱毛のほうが適切ともいえます。

 

 

おススメはクリニックでのVIOの脱毛

 

クリニックでのVIOの脱毛でも大まかな流れはサロンの脱毛と変わりません。クリニックで使用する医療用フラッシュは、サロンの分散型に対して直線型なので「医療レーザー」といわれることも多いです。
医療レーザーはサロンのフラッシュの約3倍の強さで毛根にフラッシュを反応させることができます。

 

医療脱毛の効果が高いのはこのことも関連しており、VIOの脱毛や男性の脱毛希望者が医療脱毛を支持するというのも納得できるかと思います。

 

医療脱毛は一時は高額とされてきましたが、最近ではサロンのVIO脱毛と価格の差はなくなってきています。
サロンでのVIO脱毛で満足できない人がクリニックでの脱毛に来ることも多く、効果の高さがうかがえます。

 

クリニックでの脱毛で最も多い声が「痛い」になります。これはレーザーの強度がある分痛みも大きくなってしまうことからです。

 

一時はこれがデメリットになっていましたがクリニックでは麻酔を使用することができるので無痛での脱毛も可能です。

 

これはクリニックが医療機関であり、施術するのも医師か看護師という国家免許をもったスタッフだからです。

 

ほとんどのクリニックでVIOはもちろんですが脱毛の際に痛みを感じやすい人には別途料金で笑気麻酔などを使うことで無痛脱毛を提供しています。

 

施術期間も1年前後であることが多く、これはサロンのフラッシュよりも強さが3倍あるからこその短期間での仕上がりにもなります。

 

クリニックでのVIOは1回目からでもはっきりと抜けてくるのを感じる人が多く、3回目で満足度が大きく出てきます。多くのクリニックで提案している5〜6回でほぼ希望の仕上がりになります。

 

医療脱毛は1回ごとの買いきりコースなどもあるので6回などのパックを使い切ってもっと脱毛したい場合には追加をかさねていくことになります。

 

また、医療脱毛で懸念されやすいやけどなども、医療機関なので事前に伝えていくことで軟膏などの処方をしてもらえます。
痛みに弱い人などは帰宅後のアフターケア用の痛みどめを処方してもらえるのでクリニックは改めて医療機関であると実感する人も多いです。

 

 

クリニックのデメリット

 

クリニックのデメリットは医療機関なので、脱毛も医療行為の一端にカウントされます。
なので、クーリングオフなどの対処以外になってしまうことです。

 

脱毛の仕上がりに対するデメリットは少ないですが、より良い満足度を得るためにもカウンセリングやお試し脱毛は受けておくべきといえます。

 

より良いサロンとクリニックを選ぶポイント

 

自分に合ったサロンやクリニックを選ぶポイントはお試し脱毛を受けてみることになります。
有料でもお試し脱毛を受けておくことで、実際のフラッシュの痛みや強さ、当日の肌の状態、脱毛後どのようにむだ毛が抜けてくるのかなどを体験することができます。

 

脱毛は一回で終わるものではありません。最低でも1年近くはサロンやクリニックに通うことになります。何か所かで試してみて、より自分に合ったサロンやクリニックを見つけることが大事になります。

 

 

また、VIOの脱毛は脱毛途中の生え掛けの場合はまばらに生えてくることが殆どです。
この場合、公衆浴場などは脱毛中は控えておいた方がいいかもしれません。
人の目にVIOが触れる場所では生え掛けだと気になる人も多いので温泉などの裸になる場所もある程度脱毛が形になるまでは避けることが無難でしょう。

 

 

脱毛当日はもちろんですが、脱毛後1週間程度も温泉などは控えたほうがいいでしょう。これは肌に対する刺激もですが、毛穴に温泉の成分などはい合ってしまうことや、雑菌などが入って炎症をお声してしまう可能性があるからです。
VIOはデリケート部分なので脱毛後1週間は過度の刺激や日焼けなどは控えるようにしましょう。

 

また、恋人やパートナーにもVIOの脱毛は伝えおくほうがいいかもしれません。

 

VIOの脱毛は「やってよかった」といわれる部分です。
自分に合ったサロン、クリニックでの脱毛がおすすめであり、より満足のいく仕上がりを手に入れることができるといってもいいでしょう。

メニュー

デリケートゾーンの美白におススメ石鹸や美容液

このページの先頭へ