MENU

あなたにあった腋臭を解消するための方法とは

腋臭はデリケートな問題です。

 

遺伝や体質的な物の場合は手術が最もベストな方法であり、臭いを根元から消すことができるようになりますが、
軽度の腋臭の場合は専用クリームでこと足りるし、
腋毛脱毛で臭いが軽減されるケースもたくさんあります。

 

今回は腋臭対策として、以下3つのポイントについて解説します。

 

  1. 腋臭手術
  2. 腋臭クリーム
  3. 腋毛脱毛

 

腋臭手術

 

脇の手術は切開法と切開しないミラドライなどがあり、どちらもメリットデメリットはあります。

 

切開法(剪除法(せんじょほう))のメリットデメリット

 

切開しての腋臭の手術は目視でアポクリン腺を除去していける面が大きなメリットです。ワキガ専門のクリニックなどでは技術も高く、万が一再発した際にも保証があることが多いです。根元から臭いの元を除去できるので満足度は高いです。人によっては脇のむだ毛が少なくなったりすることもあります。

 

手術と一緒に脱毛できるプランもあり、クリニックによって方法は異なりますがむだ毛は少なくなるので腋臭の根本治療+脇汗の臭いの減少が期待できます。

 

デメリットは金額が30万〜50万ほどかかることや傷が残りやすいという面になります。

 

 

ミラドライ(非切開法)のメリットデメリット

 

ミラドライは切開をせずに、マイクロ波などでアポクリン腺やエクリン腺などを破壊していく方法です。切開法と同様に、アポクリン腺の活動を止めるというものは同じであり効果はほぼ同等とされています。傷口などもできないので切開法での傷が嫌だという人でもミラドラウであれば安心できるという面もメリットといえます。

 

価格は切開法とほぼ同じで30万〜50万円ほどになります。

 

デメリットはワキガ治療の中では新しい方法であり、まだまだ実績が足りない縁になります。施術可能なクリニックもまだ少なく、再発などのデータも取りにくい不明確な部分が多い部分などがデメリットになります。

 

 

脇の臭いを徹底カット!軽度の腋臭なら専用のケアクリームを使おう

 

軽度の腋臭の場合は、専用クリームをつかうことで対処療法的に臭いをシャットアウトできるし、
何よりも
使い続けることで腋臭体質が改善される可能性もあります。

 

ワキガの臭いをカットできるデオドラントクリームはワキガの臭いの元の一つである黄色ブドウ球菌を殺菌し、長時間の間、雑菌の繁殖を抑えることができます。

 

腋臭専用クリームを毎日使うことで雑菌をより抑えやすくなり、継続していくことで臭いの緩和を可能にしてくれます。

 

腋臭専用クリームでおススメはノアンデ

 

腋臭専用クリーム自体がたくさんありますが、ワキガの臭いにも効果のあるデオドラントケアクリームは中々ありません。

 

その中で、一強なのがノアンデで、腋臭専用クリームとしてノアンデは人気が急上昇しています。

 

腋臭の手術までの間にもノアンデを使って少しでも穏やかに過ごしたいなどという人も多く、腋臭がデリケート悩みであることを改めて伝えてくれます。

 

ノアンデのデメリットは価格が少し高額な部類に入ることになります。

 

通常価格は8600円ほどですが、定期コースなどを利用することで4960円と大幅に割引が適応され、2回目からの定期コースをやめてもこの価格で購入することができるので、公式サイトをチェックすることでノアンデはお得に購入できるといえます。120日間の返金制度もあるので、使用してみてどうしても肌に合わなかったり、臭いが気になる場合は返品、返金もOKになっています。

 

 

むだ毛を根元から根絶!サロンやクリニックでの脱毛

 

脇の臭いはむだ毛に汗が絡まることでも大きく発生します。

 

このことから、むだ毛を根元からなくしてしまう脱毛は非常に有効な手段といえます。

 

サロンとクリニックの脱毛は以下のような違いがあります。

 

 

サロンでの脱毛とは?

 

サロンでの脇の脱毛は平均して6回前後であり、期間にして1年〜2年での終了になっています。フラッシュを用いての脱毛であり、分散型の光が毛根のメラニン色素に反応し、毛根を破壊していく方法です。
むだ毛の生えてくる発毛周期に合わせた脱毛になるので1か月〜2ヵ月に1回のペースが多く、全身脱毛の中に組み込まれることも珍しくはありません。

 

フラッシュの光はメラニン色素に反応するので自己処理で出来た黒ずみなどもゆっくりと分解してくれます。

 

 

6回〜12回ほどの脱毛を終えるころには硬化していた肌や黒ずみがなくなり、きめの細かな肌になることも多いです。

 

デメリットはクリニックよりも期間が長めになったり、毛質や肌質によっては完全な脱毛ができない場合がある面になります。

 

クリニックでの脱毛とは?

 

クリニックでの脱毛も基本形体はサロンと同じです。用いるフラッシュはサロンが分散型に対して、クリニックは直線型であり、このことからも医療レーザーといわれることも多いです。
永久脱毛と名乗ることができるのはクリニックの脱毛であり、太い毛や男性のわき毛などでもくりニックでの脱毛の場合は問題なく脱毛ができます。
サロンの約3倍の強さのレーザーを使うことできるので、しっかりとした効果を時間しやすいのもクリニックのメリットです。

 

デメリットはサロンよりも痛みがあることや、ややサロンよりも高額な場合があります。痛みなどは別途料金で麻酔の使用などもクリニックは可能です。
肌の弱い人などは施術後に軟膏や痛み止めなども処方してもらえます。

 

 

自分に合ったものはどれなのかを考える

 

腋臭の根本治療は基本的には手術になります。手術によっては同時に脱毛ができたり、むだ毛が減るようなもの在ります。
手術も脱毛も基本的にはある程度の金額が必要になってきます。ワキガ手術なども含めてトータルで考えるならばクリニックでの脱毛がおすすめかもしれません。

 

手術後もむだ毛やアポクリン腺は消えても、汗をかかないということはありません。汗と雑菌が混ざれば臭いはどうしても発生します。
その際にはデオドラントクリームや除菌シート、除菌クリームなどを使用することでより確実に臭いをカットすることができます。

 

臭いは非常に難しい問題です。面と向かって指摘することで人間関係に亀裂が入ったなどという話もよく聞きます。
ですが、指摘してくる人はそれだけその人を思っている場合も非常に多いです。家族の理解と協力を得て、腋臭治療をする人は多く、それだけ周りにも影響を出す問題であるともいえます。

 

臭いのケアは自分もそうですが周りのとってもプラスになることが多く、エチケットやマナーの一部ともいえます。自分に合ったケア方法や、脱毛方法をしるだけでもストレスは軽減します。
手術や脱毛後であっても除菌クリームや除菌シートの使用はマナーの一つと考えてもいいかもしれません。

メニュー

デリケートゾーンの美白におススメ石鹸や美容液

このページの先頭へ