MENU

色々な脇脱毛方法があるけど

脇のむだ毛の処理というと最初に思いつくのは「毛抜き」という人も多いと思います。
毛抜きは最も安価な脱毛グッズとしても有名であり、自己処理の基本ともいえます。

 

他にも、カミソリ、脱毛クリーム、脱毛テープ、脱毛ワックスなどが脇の脱毛には使われることが多いです。脱毛サロンやクリニックも方法の一つといえます。

 

それぞれにメリット、デメリットがあるのでここではそれを一緒に考えていきたいと思います。

 

毛抜きのメリット、デメリット

 

毛抜きのメリット簡単に根元からのむだ毛の処理ができるときがある、になります。途中で切れてしまうことや埋没毛の原因などを作りやすいデメリットもあります。

 

毛抜きの使用の際には深く掘りすぎない、皮膚をえぐらないなどの注意が必要であり、無理に皮膚をえぐってむだ毛を抜くことで黒ずみの原因を作ってしまうこともあります。

 

カミソリのメリット、デメリット

 

カミソリは大きく3つに分類されます。ガードのついていないカミソリ、ガードのあるカミソリ、電動シェーバーです。
安全度は電動シェーバー、ガード付カミソリ、ガードなしカミソリの順番になりますが、深くすることができるのは逆の流れになります。

 

カミソリは簡単にむだ毛の処理ができます。表面の毛を剃っているので毛根は残っており、また数日で元の状態に戻ります。深く剃ることでこの日数を長くすることはできますが根本は残っている状態です。

 

また、ガードなしカミソリは皮膚を削ってしまうことなどもあるので使用時の注意が必要になります。
刃の部分にも皮膚のかけらなどが付着するのでさびやすくなり、雑菌の温床になりやすい状態でもあります。消毒などをして乾燥した状態んしてからの保存か安価であれば使い捨てが基本になります。

 

ガード付カミソリは替え刃などがセットになっているものなどは、複数回の使用を前提としています。基本的な手入れはガードなしと同じであり、消毒が大事になります。
シェービングクリームやシェービングソープつきのカミソリの場合は、泡などを洗い流してから消毒、保管になります。錆などが確認できる場合や、剃っていて引っ掛かりを感じる場合などは速やかに破棄してしまうほうが安全です。

 

電動シェーバーはカミソリの中ではもっとも安全といえます。刃先を当てるだけでしっかりと剃ることができ、脇だけはなくあらゆるむだ毛の処理が可能です。
使用後は刃を軽く付属品などで掃除をして、説明書に書かれた方法で保存することになります。替え刃なども付属していることが多く、刃先に異変を感じる場合は交換をすることで綺麗に剃れるようになります。また、充電式、電池式に分かれますがどちらも定期的に交換や重電をすることでしっかりとむだ毛の処理ができます。

 

使い捨てのできるカミソリよりは高額になりますが、極端に高いものではないので一つあれば全身のむだ毛に対応できる存在でもあります。

 

 

脱毛クリームのメリット、デメリット

 

脱毛クリームも基本的には毛抜きやかみそりと同じで、表面の毛を処理するものになります。表面の毛をとかし、少しだけ毛穴の中に浸透することでむだ毛をカミソリより深く処理することができます。

 

毛根は残っているので時間の経過とともに発毛はしますが、カミソリよりもむだ毛の生え来る期間を長くすることができます。
薬剤を用いての除毛のカテゴリーになるので、肌に対する負担などを考えると2周回に1度などの処理になり、自己責任で短期間で繰り返して肌を痛める人も少なくはありません。

 

また、規定時間を守ることで事故は防ぎやすいですが長めにおいてしまいがちな面もあります。
除毛後は化粧水などでのスキンケアが必須になります。

 

脱毛テープ、脱毛ワックスのメリット、デメリット

 

この二つはほぼ同じ形式ものになります。脱毛ワックスをテープに浸透させたものが脱もテープになります。

 

脱毛テープもワックスもむだ毛のある部分に張り付けたり、塗布した後に毛の流れと逆方向に一気に引きはがすことで根元からむだ毛が綺麗にとれます。
自己処理の中では比較的持つ方であり、Vラインなどは脱毛テープや脱毛ワックスを愛用している人も少なくありません。

 

処理後はスキンケアは大事になりますが、肌に対する負担の少ないワックスなどが多く、マシーンなどを用いる前までは日本でも脱毛サロンの主力がワックスでした。

 

ワックスは高額なものも多く、長期に使用することを考えると脱毛サロンなどのキャンペンを使用したほうが脇などは安価に仕上がることも多い面があります。

 

脱毛サロン、脱毛クリニックのメリットデメリット

 

サロンとクリニックのデメリットは他の方法よりも価格が高額という面になります。
これ以外はメリットしかないともいえるのがサロンやクリニックでの脱毛になります。

 

永久脱毛はクリニックでも施術になり、サロンでは永久脱毛に近い状態にするために1〜2年ほどかけて脱毛をしていきます。

 

 

どちらも光を用いた脱毛であり、自己処理などで出来た黒ずみや毛穴の開きなどを施術中に緩和していくことが可能であり、脱毛完了後には肌質も変わっていることも珍しくはありません。

 

サロンもクリニックもキャンペーンやおためし脱毛があります。これらを利用して実際の脱毛がどのようなものなのかをチェックして、自分に合ったサロンやクリニックを選ぶことでより満足のいく脱毛ができると考えてもいいでしょう。

 

 

おすすめはサロンやクリニックの脱毛

 

長期で見ればサロンやクリニックでの脱毛のほうが安くなることや、肌の状態なども大きく変わってきます。自己処理で出来た黒ずみや硬化した部分などもフラッシュを使用することで元の柔らかな肌に変えていくことができます。

 

カウンセリングやお試し脱毛などでどのようなサロンやクリニックなのかを体験してから脱毛に行くことで継続しやすくなります。
サロンでの脇脱毛は1〜2年、クリニックは半年〜1年程度になります。ある程度の期間は通うことになるので、時間が合うかどうか、お試し脱毛やキャンペーンが開催しているかなどはしっかりと確認しておきましょう。

 

メニュー

デリケートゾーンの美白におススメ石鹸や美容液

このページの先頭へ