MENU

女性特有の痒みに悩む人は少なくありません

デリケートゾーン専門の軟膏などは専用コーナーができるほど需要があり、市場の一つを作っています。

 

デリケートゾーンの痒みは人に相談できない部分でもあり、クリニックに通うのも気がひけるとう人が多く、その結果悪化させてしまうこともしばしばです。

 

痒みの原因は湿疹などが多いですが、湿疹の原因になるものはあまり知られていません。

 

湿疹の原因になるものは主に以下のようになります

 

  1. デリケートゾーンの洗浄不足。
  2. デリケートゾーンのむだ毛の放置。
  3. 疲れやストレスによる免疫の低下

 

大きく分けてこの三つがかゆみの原因にあげられることが多いです。この3つの対処法は1+2、3と分けることになります。
1、2は身だしなみなどのカテゴリーであり、3は健康管理になってくるからです。

 

デリケートゾーンのかゆみ対策にお手入れはなぜ大事なのか?

 

デリケートゾーンの洗浄不足や、むだ毛の処理というと、ちゃんとやっているという人がほとんどだと思います。
ですが、同時にデリケートゾーンの理解不足の為に間違った洗浄やむだ毛の手入れなどで効果が少なくなっていることも多々あります。

 

デリケートゾーンは思っている状に複雑な構造であり、溝やひだ、突起などが組み合わされています。男性器のようなわかりやすい立体ではないことと、デリケートゾーンをしっかりと洗うのはなんだか気がひけるということからも軽くお湯を当てる程度という人も少なくありません。

 

これは当然ですが古い皮膚のかけらなどが溝などにたまって恥垢と呼ばれる炉位牌物になり悪臭やかゆみの原因になります。
日本ではデリケートゾーンは長らくタブー視されてきたこともあり、きちんと洗うという行為を教わらなかったという人も多いです。
公衆浴場などでもデリケートゾーンをしっかりと洗っているのはいやらしい、という目で見る世代も多かったこともあり、衛生面での間違った知識などが入りやすい状態でもありました。

 

近年の脱毛や美容整形の台頭によりデリケートゾーンの特集などが雑誌などでも組まれるようになり、きちんと洗うことや洗い方などを改めて知った人も多いかと思います。

 

汚れがたまり雑菌が繁殖し、痒みの原因につながってくるので、痒みが気になる人は一度デリケートゾーンの洗い方を見直してみるといいかもしれません。

 

 

デリケートゾーンのむだ毛の処理とかゆみの関係

 

デリケートゾーンのむだ毛の処理というとまずVラインを想像する人も多いと思います。デリケートゾーンのむだ毛はVIOの三か所をセットで考えることが大事であり、痒みなどに関連しやすいのはIラインOラインになります。

 

仰向けで開脚した時に太ももと女性器の間のむだ毛がIライン、肛門周辺とお尻を開いた時に出てくる部分がOラインになります。

 

このI、Oはむだ毛があることで排泄物や生理中の経血などが絡まりやすくなり、かゆみやかぶれの原因になってきます。
とくに、生理時にデリケートゾーンが痒くなりやすい人はIラインのむだ毛だけでも処理しておくと驚くほど快適であり、不快感の軽減がでてきます。

 

VIOのむだ毛の手入れの基本は除毛になります。電動シェーバーなどでむだ毛を剃っていくだけでも下着などとの間にできる蒸れなどを緩和させてくれるのと、蒸れがないだけでも臭いやかゆみが大きく減ってきます。
これは蒸れによって雑菌の繁殖が起こり、かぶれやかゆみを引き起こしやすくなるので蒸れを押さえることでデリケートゾーンの痒みは大幅に抑えることができます。

 

除毛と一緒に行いたいのがVラインのむだ毛の量を減らすことです。眉毛用のカットハサミなどをつかうことで長すぎるVラインのむだ毛を適度な長さにすることができます。除毛と長さを変えることで驚くほど快適になります。

 

デリケートゾーンのむだ毛の手入れというと気後れする人もいるかもしれません。
ですが、最近では男性のむだ毛脱毛の人気上位にVIOやお尻が普通に入っています。
これは臭いやかゆみ、恋人からむだ毛を指摘されたなどが脱毛のきっかけに多く、女性のデリケートゾーンに関しても同じように衛生面を求める人が増えているということにも繋がります。

 

むだ毛をそのままにしている女性はどれだけきれいでも魅力を感じないという意見もおおく、VIOのむだ毛の手入れは痒み対策のほかにマナーとしても大事なものといってもいいでしょう。

 

脱毛クリニックなどでも人気の高いメニューであり、除毛で不快感の軽減を実感しているならばそれを維持させるためにクリニックでの脱毛を利用するのも一つの方法になります。

 

むだ毛の根元には汗や老廃物、排泄物などが絡まりやすくむだ毛を適切に処理することでこれがなくなります。

 

痒みもですが、女性の悩みであるあそこの臭いなども大きく変わってくるのでむだ毛の処理はとても大事といってもいいでしょう。

 

 

免疫力の低下のカバーにはサプリメントを

 

ストレスや季節の変わり目で免疫力が低下する人は少なくありません。
免疫力の低下とデリケートゾーンの痒みは関係ないんじゃない?と思う人もいるかもしれませんが、これは大きな間違いです。
免疫が落ちているときは、少しの雑菌の繁殖でも痒みやかぶれを起こしてしまいます。

 

分かりやすいのが生理時にかぶれやすい、痒みを感じやすい、になります。

 

生理時はホルモンバランスも崩れやすく、免疫力も体力も大きく落ちしていまいます。
デリケートゾーンの皮膚は薄い部分が多く、傷などもできやすい部分です。
ここに雑菌が入ることで痒みをひきおこしやすくなります。

 

 

免疫力は低下しているときは食欲なども落ちていることが多く、栄養不足がより拍車をかけてしまいがちになります。

 

ここで無理に食事を増やすのはストレスになったり、胃腸に負担を掛けやすくなります。
足りない栄養素はサプリメントで補給すれば問題はありません。野菜が足りないな、」とおもったら野菜のサプリメントを摂取する、それくらいの軽い気持ちが大事です。

 

では、免疫力を高めるサプリメントは?になります。

 

免疫力を高めるには善玉菌を増やすことが大事になります。これは腸内環境の正常化のことにもなります。
善玉菌を増やすには酵素と乳酸菌が大事です。この二つの入ったサプリメントなどを取り入れることで免疫力を高めやすくなり、体全体の活性化も可能になります。

 

野菜不足ならば酵素のはいった青汁サプリメント、野菜は比較的取れているならば乳酸菌主体のサプリメントなどがいいでしょう。

 

冷え性の人なども免疫は下がりがちなので半身浴などを取り入れながらサプリメントとの相乗効果での体質改善もお勧めの一つです。

 

体内の活性化はホルモンバランスなども正常にしやすくなります。生理時のイライラなども大きく変わってくる場合もあるのでかぶれやすい、肌荒れが起こりやすいなどはサプリメントで栄養補給しながら免疫力を上げていってみてはいかがでしょうか?

 

 

いざというときの為にデリケートゾーン用の薬を準備しておく

 

これは使うことも大事ですが、もっているだけでもあわてなくて済むという面もあります。
デリケートゾーン専用の軟膏などはドラッグストアなどでも専用コーナーがあるほど市場として定着しているので一つ持っておくことで早目の対処も可能になります。

 

痒みなどは無理せずに早目の処置でダメージを大きく緩和させることができるので、ドラッグストアや、皮膚科医に処方してもらっておくことをお勧めします。

メニュー

デリケートゾーンの美白におススメ石鹸や美容液

このページの先頭へ