MENU

デリケートゾーンのにおいの原因はこの3つ!

女性のとって人に相談できない悩みの一つがデリケートゾーンの臭い、
つまり「あそこの臭い」になりますよね。

 

今回はデリケートゾーンでもあそこの臭いに焦点を絞ってみます!

 

誰かの臭いを嗅ぐ機会などはないし、率先して嗅ぎたいものでもありません。

 

だけど、自分のデリケートゾーンの臭いは非常に気になるもの。。。

 

座っているときなどにふと気になったり、お手洗いで気になったりすることも多いのではないでしょうか?

 

デリケートゾーンの臭いの原因は大きく3つ!

 

 

  1. 正しく洗われていない。
  2. VIOの手入れができていない。
  3. 婦人科系の病気。

 

婦人科系の病気は臭いだけではなく他の面での不調も出てくることや、専門医に任せなければいけない部分になります。
では、ここで大事なのは正しく洗うことが出来てないことと、VIOのお手入れ対策になってきます

 

 

きちんと洗うことで臭いは大きく変わってきます

 

デリケートゾーンの臭い対策としてはあそこをきちんと洗うのが大切です!

 

というと「毎日洗っている」という人がほとんどだと思います。

 

ですがここで大事なのは洗い方であり、毎日洗っていても汚れが取れていなければあまり効果がありません。

 

ということで、デリケートゾーンの正しい洗い方を解説します!

 

あそこの形を知ろう

女性器は男性器のように立体ではないように思えますが、ひだや溝などが多い構造になっています。

 

このひだなどに古い角質などがたまったり、老廃物がたまり「恥垢」というものになります。

 

恥垢はきちんと洗っておかなければ悪臭のもとになります。

 

恥垢がたまりやすい場所はひだや溝などの部分や、包皮におおわれている部分などになります。

 

デリケートゾーンを洗う際、ひだや溝、包皮をめくって綺麗に汚れと恥垢を落してあげることであそこ臭いはだいぶ変わってきます。

 

石鹸を選ぶ!

 

あそこを洗うのに適した石鹸は天然石鹸です!

 

これは界面活性剤不使用のものであり、肌にもやさしいものであることが重要だからです!

 

デリケートゾーンを洗うのに適した石鹸は全身を洗うのも適してます。

 

中には泡立ちが悪いものもあるので、出来るだけ泡立ちがよいデリケートゾーンの石鹸を選びましょう!

 

石鹸はボディソープやボディジェルよりも泡切れがいいので、臭い対策をする場合には背天然石鹸を購入することがお勧めになります。

 

顔を洗うのとおなじ感覚で!

 

あそこを洗う時には洗顔と同じように洗うといいかもしれません。

 

洗顔も鼻、小鼻、目元などの凹凸のある部分はしっかりと洗いますよね?

 

あそこを洗う際にものように気を付けてあげることと、しっかりと石鹸を流してあげることが大事になってきます。

 

泡でやさしく洗うのがポイントです!

 

 

VIOのお手入れでデリケートゾーンの臭いは劇的に変わる!

 

ちゃんと洗っているのに臭いに変化が出ない。その場合に考えるべきなのはVIOのむだ毛になってきます。

 

VIOの手入れというと一昔前はやらないのが当然のような風潮でしたが、現在はVIOの手入れはやって当然であり、むだ毛をそのままにしている場合は男女ともに恋人として見れないという声も多いです。

 

生えっぱなしのVIOのヘアーはどうなるの?

 

全く何の手入れもしていない場合は100%悪臭の原因になっていると考えてもいでしょう。

 

VIOにむだ毛があることで、排せつ物や汗などが絡まり、雑菌と混ざることで悪臭の原因になります。

 

お手洗いなどできちんとしている、という人もいるかもしれませんがむだ毛に絡まる排泄物を100%ブロックするのはとても難しいんです。。。

 

特にOラインなどはトイレットペーパーなどの付着なども珍しくない場所であり、衛生面の低下なども招いてしまいます。

 

 

Iライン、Oラインってどこになるの?

 

VIOのVはビキニラインやデリケートラインと言うと納得しやすい人は多いですがいざIライン、Oラインはどこ?と聞かれると回答できない人も珍しくはありません。

 

仰向けになり開脚し、太ももと女性器の間に生えているむだ毛の部分がIライン、
肛門周辺やお尻を開いた時に出てくる部分のむだ毛がOラインになります。

 

この部分のむだ毛はあっていいことは一つもなく、蒸れやかゆみ、生理時のかぶれの原因などにもなります。

 

排泄物の付着などで悪臭の原因にもあり、VIOはセットで脱毛をするのが一般的です。

 

 

Vラインの生えっぱなしはこんなにデメリットが!

 

Vラインの生えっぱなしで下着からはみ出てしまったなどは誰でも経験していると思います。

 

美容面でもデメリットがありますが、むだ毛を放置することで下着との間で起こる蒸れが悪化します。

 

汗や皮脂などの残骸と肌にいる雑菌が混ざることで悪臭や肌荒れ、かぶれなどの原因にもなります。

 

特に女性は下着のほかにもパンティストキングなどの着用で男性よりもVIOの蒸れは大きくなります。

 

Vラインは面積が大きなぶん蒸れはデリケートゾーンの臭いの原因になるといってもいいでしょう。

 

 

簡単な手入れから始めてみる

 

 

VIOの手入れの基本は除毛です。

 

最初はカミソリなどで範囲を縮小してみたりすることですね。

 

この場合もカミソリはお顔を剃るものではなく、電動式のシェーバーがお勧めです。
高価な脱毛器具なんて最初の段階では不要です。

 

VIOは毛が太いですが皮膚としては薄い部分であり、カミソリ負けをしやすい部分なのでカミソリは辞めましょう!

 

範囲の縮小やIラインOラインに毛がない状態を体験してみて、これをもっと持続させたいと考える場合は脱毛ワックスや脱毛サロンやクリニックでの施術になります。

 

範囲の縮小、毛量を少し鋏などでカットする。この場合眉カット用の鋏などを購入しておくと便利かもしれません。

 

これだけでもデリケートゾーンの臭いは大きく緩和してきます。

 

二つの方法でまず変化を確かめる

 

汚れやむだ毛などの対策をしっかりとすることで、デリケートゾーンの臭いは大きく変わってきます。

 

手入れをしっかりとするだけで衛生面にも変化が出てくるので、いきなり脱毛サロンは怖いという人でも安心して試すことができます。

 

特に、Vラインの手入れの仕方はさまざまな変化を体験することになります。

 

毛量や毛の長さを変えるだけで生理時の不快感の大幅な減少、経血などの絡まりの減少などは女性にとってうれしいものです。

 

むだ毛の無い状態を維持したいと考える場合にはクリニックなどでの脱毛を視野に入れてもいいでしょう。

メニュー

デリケートゾーンの美白におススメ石鹸や美容液

このページの先頭へ