MENU

乳首の黒ずみの原因とは?

乳首が黒い、乳首が黒ずんでいる。
よく聞く表現であり、あまりうれしくないという人が殆どではないでしょうか?

 

乳首の黒ずみの原因は摩擦やホルモンバランス等色々あって、授乳などでも黒ずみがでてきます。

 

 

また、アトピー背皮膚炎などでも黒ずみはできやすく・・・

 

結果として乳首の黒ずみは男女だれでもできやすいんです。

 

 

女性であるならば必然的に乳首が弾性よりも大きく、
ブラジャーとの摩擦を受ける、
妊娠や出産後の授乳などなど
日常生活を行うだけで黒ずみができてしまうといえます。

 

だけど、

 

メディアなどでは乳首が黒ずんでいる女性は遊んでいるなどの取り上げ方などもあり、非常につらい思いをしている人も少なくはありません。

 

下品でくだらないですよね。

 

黒ずみは色素沈着なので一度できたものを薄くするのはなかなか簡単にはいかないのは事実・・・。

 

黒ずみを作らないことも大事ですが、既に乳首の黒ずみに悩んでいる人にとってこれは現実的な方法にはなりません。

 

では、どうすればいいの?

 

 

乳首の黒ずみは色素沈着の対策を考える

 

色素沈着に働きかけるものは美白効果のあるものになります。

 

この中でも「メラニン色素」に反応するものを使うか、メラニンを分解するものを選んでいくことになります。

 

たとえば、全身脱毛などで胸の周りなどを脱毛する場合は乳首周辺のむだ毛の脱毛の際にフラッシュでの分解作用があるかもしれません。

 

脇のくろずみなども脇の脱毛の終了時にはほぼ綺麗になくなっているのは、フラッシュが自己処理などで出来たメラニンの黒ずみを一緒に分解してくれるからになります。

 

 

乳首の黒ずみ対策として最もおススメなのは

 

美白効果の中でもメラニンの分解を勧めてくれる物質の入った保湿クリームなどを探していくことが乳首の黒ずみを解消する最短コースと考えてもいいでしょう。

 

美白というと最初に出てくる成分が「ハイドロキノン」という人も多いのではないでしょうか?

 

ハイドロキノンはメラニンの分解と漂白作用があり、美白化粧品などにも多く使われてきた成分になります。

 

ただ、

 

ハイドロキノンは漂白成分が強く出過ぎてしまうこともあり、使用上の注意が必要になります。

 

部分的な美白効果が強く出過ぎることで白斑なども起こりやすくなるなどもその症例の一つになります。

 

その意味で、乳首の黒ずみ対策としてはトラネキサム酸などの入った美白クリームなどが絶対おススメです。

 

 

乳首ケア専門のクリームなど最近では多く販売されており、多く人が悩んでいることがわかります。

 

でも、もっと乳首ケアクリームの効果をあげたい!ケアクリームは高額で手が出せない、そんな人にもおすすめのケア方法があります。

 

 

バストマッサージだけでも乳首の黒ずみは解消できる!

 

黒ずみの原因はメラニン色素になります。

 

努力ではメラニン色素はどうにもならないのではないか?という人もいるかもしれません。ですが、メラニン色素ができる部分は皮膚組織です。

 

皮膚組織は定期的に入れ替わるものであり、その際に古い角質やメラニンなども排出する動きがあります。

 

シミやそばかすのケアなどででてくる「ターンオーバー」がこれにあたり、これは肌だけではなく体全体で起こるものになります。

 

では、乳首のメラニンはどうしたらいいのか?ですが、

 

最も簡単なものは乳房を適度に刺激していく「バストマッサージ」になります。

 

授乳が終わったら乳首の黒ずみがなくなった、という人の多くは授乳の為にバストマッサージをしていたことから、授乳による刺激を上回る速度のターンオーバーなどが生まれたと考えられます。

 

 

バストマッサージは血行を良くする効果が高く、全身の血液の流れを変えてくれます。

 

このことからも老廃物の排出や肌の再生を促しやすくなり、黒ずみなどを消しやすくなるとされています。

 

 

授乳などでは乳腺のつまりなどをなくすことがバストマッサージの主な役目になりますが、母乳は血液から作られることからも新鮮な血液を作りやすい体にすることはとても大事といえます。

 

バストマッサージをすることで代謝を上げていけばゆっくりですが確実に黒ずみは薄くなっていきます。

 

ケアクリームなどを使っている人もバストマッサージを併用することでより効果を高めやすくなります。

 

 

乳首の黒ずみ対策には食事や睡眠、下着も大切

 

また、メラニンの生成を押さえるためには栄養バランスのいい食事も大事になってきます。
レモンや大豆なども美白や肌の再生を促してくれる成分です。

 

美肌対策用のサプリメントなどで足りない栄養素を補うことなどを意識することで黒ずみはもちろんですが、肌や皮膚、髪の毛、爪などにも効果が出やすくなっていきます。

 

 

また、生活の一部として「質の良い睡眠」は大事になります。遅くとも1時には就寝することは望ましいといえます。

 

これは、ホルモンの生成が深夜3時〜4時に多く分泌され、この時間に起きていると過剰分泌が起こりやすいからです。

 

ホルモンの過剰分泌はニキビや肌荒れの原因にもなるので黒ずみを悪化させてしまうことも考えられます。

 

 

黒ずみは刺激や摩擦も大きな原因になります。体に合わない下着やナイロン成分が強い下着などは黒ずみを作りやすいと考えてもいいでしょう。

 

ナイトブラなどを利用する場合はコットン素材などの肌に刺激の少ないものを選ぶことで黒ずみを作りにくくすることにも繋がっていきます。

 

日常生活で黒ずみはつくられるものであり、緩和させるにはその日常を見直すことからになります。

 

黒ずみの解消に大事なものは継続です。毎日の積み重ねで変わるものであり、ケアを始めてすぐに黒ずみが消えたなどはありません。

 

 

ですが、続けることで必ず効果は出てきます。

 

 

肌のターンオーバーは大まかに1か月前後と言われてます。このことからも効果を出すためには最低でも1か月はケアを続けていくことが大事になります。

 

 

乳首の黒ずみを消すには最低3週間〜1か月

 

黒ずみも時間をかけて濃くなってきたものです。

 

もし、数日でその色素が分解された、という効果が出る場合は強い成分や薬品がケア剤に使用されていると考えてくださいね。

 

効果の強いものはどのような副作用を起こすかもわからない部分を含めてあまりお勧めはできません。

 

どんなものであれ最低3週間〜1か月は使用していくことで効果を発揮しやすい状態を作っていくからです。

 

蓄積や内部からの改善などを含めてのケアであり、それが短期間で行われる場合は何らかの副作用があると考えてもいいかもしれません。

 

黒ずみや皮膚のケアは毎日の積み重ねが大事です。

 

結果がすぐに出ないからといって焦る必要はなく、気がついたら色が薄くなっていたということも珍しくありません。

 

日常生活の見直しと適切なケア、適切な肌着などでも大きく改善できる部分でもあるので、ケア剤などを併用する際にも日常生活の中にケア剤を取り得ることを考えながらが、お勧めになります。

 

努力と積み重ねで色素沈着は改善していきます。焦らずにじっくりと取り組んでいくことと、あまり気にしすぎないことも大事といってもいいでしょう。

メニュー

デリケートゾーンの美白におススメ石鹸や美容液

このページの先頭へ