MENU

なんで出産後に乳首が黒くなるの?

産後の黒ずみの原因は大きく3つになります。

 

  1. 産後のホルモンバランスの崩れ
  2. 授乳における乳児の吸引による刺激
  3. 産後の色素沈着のできやすい状態の肌

 

産後のホルモンバランスは乳首の黒ずみにつながります

 

妊娠出産は女性にとって大きな転機であり、体にとっても大きな変化がでてきます。

 

特に気になるのが気付いたらできていたのが乳首の黒ずみ!

 

乳首の黒ずみは日常生活でもできるものであり、色素沈着の一種になります。

 

ただ、

 

乳首の黒ずみはホルモンバランスや体調不良などでも起こることがあり、出産後等は黒ずみができ安状態と考えてもいいでしょう。

 

授乳における乳児の吸引による刺激

 

もっとも乳首が黒ずむ原因となるのが、授乳中の乳首への刺激です。

 

授乳中は常に新しい血液と質の良い血液が必要になることもあり、メラニンを含め細胞の活性化が激しい状態になります。

 

日常生活の中でもメラニンは生成されるので、細胞が活発になることでメラニンの生成と刺激が同時に発生している状態が授乳になり、乳首の黒ずみの原因につながっていると考えてもいいでしょう。

 

授乳中の黒ずみのケアは黒ずみ対策用のクリームなどがお勧めになってきます。

 

 

ですが、なるべく口に触れても大丈夫なものを選ぶことや授乳の前には乳首ケアクリームをふき取るなどの対処、または授乳期が過ぎてからの対策が件名です。

 

産後の色素沈着のできやすい状態の肌

 

授乳期もですが、出産には多くの女性ホルモンを必要とします。

 

ホルモンは黒ずみはもちろんですが体の維持をするためにも必要なものであり、出産から断乳まで安定しにくい部分でもあります。

 

 

 

 

出産後の乳首の黒ずみ対策にはサプリメントで栄養分を補給も大切

 

 

授乳には多くの栄養素が必要になります。

 

乳児期は3時間おきに授乳をしているママさんたちも珍しくはなく、ホルモンの安定に必要な質の良い睡眠はなかなか難しい状態ともいえます。

 

 

このため、睡眠の確保ができない部分を補うには体に安定した栄養素を送ることが大事になってきます。

 

 

授乳期には食事もままならないことも多く、サプリメントが大事になってきます。

 

 

もちろん、通常の食事が一番大事ですが足りない部分はサプリメントで補うのがいいでしょう。

 

 

黒ずみのケアには美容サプリメントなどがお勧めですが、酵素入りの青汁サプリメントなどなども同じように効果があります。

 

特に、授乳中には野菜不足などが母乳の質にも影響してくるのでお勧め度が高いのは「青汁サプリメントに酵素の入ったもの」になります。

 

酵素は黒ずみを表に押し出すための肌のターンオーバーにも大事なものであり、体内での製造は年々減っていくものになります。

 

青汁系のサプリメントには必要なビタミンなども豊富であり、食事で取りきれないもののカバーリング可能になります。

 

青汁系サプリメントほかにおすすめになるのは「葉酸」になります。

 

葉酸は妊活サプリメントとしても有名ですが、血液などの製造なども促す効果があり、妊娠前から飲み始め授乳が終わるまでの飲み続ける人も多いサプリメントです。

 

 

この二つのサプリメントを摂取することで黒ずみのできやすい肌の緩和や、出来た黒ずみも排出しやすいように体を活性化させることが大事になってきます。

 

 

授乳中は赤ちゃん中心の生活になります。自分の食事よりも赤ちゃんのほうに力を入れたいという人がほとんどです。

 

 

その際にもサプリメントを使いながら栄養管理などをすることで、質の良い母乳を作りながら黒ずみのケアも一緒にできるような形が作れます。

 

 

サプリメントは副作用のあるものではないことや、母乳に悪影響を及ぼすものでもありません。

 

 

毎日続けられるもので黒ずみのケアをしていくことが一番の近道といえます。

メニュー

デリケートゾーンの美白におススメ石鹸や美容液

このページの先頭へ