MENU

色も、においも、ヘアーもデリケートゾーンの悩みを持つ人はたくさん!

ビキニで海に行って「あれ?ちょっと黒くない?」って言われた・・・。

 

生理前、生理中は服を着てても自分で気になるくらいデリケートゾーンからの臭いが気になって・・・。

 

彼氏に「お前の乳首黒いな〜」って言われた・・・。

 

VIOラインが剛毛で気になって自信が持てない・・・。

 

私を含めてデリケートゾーンの黒ずみ、におい、かゆみ、ヘアーで悩む人はたくさんいます。

 

デリケートゾーン

 

 

デリケートゾーンは名前の通りデリケートな場所だけに相談できない問人も多く、間違ったケアや自己処理でより悪化してしまうことも珍しくありません。

 

 

これは、普段人に見せない部分なので、自分だけが違うと思うことや、においなども他の人のデリケートゾーンはわからないので比べることができないということからも悩みを一層大きくしてしまいます。

 

特ににおいの場合は自意識過剰になってしまって間違ったケアをして余計悪化させる結果になるなんてこともあります。

 

 

女性の場合はデリケートゾーンの臭いやかゆみなどは、生理前などに顕著に表れる人も多くて、免疫が低下しているときなどもおりものなどが増えたりとか、視覚的にとらえるものなどもあるのでデリケートゾーンのトラブルが原因でメンタルの方も低下してしまうこともしばしばあります。

 

ピュビケアは今後普通になりますよ

 

欧米ではデリケートゾーン(主にVIOゾーン)のヘアケアや黒ずみ対策を「ピュビケア」とと言って、対策アイテムが普通にドラッグストアでも販売されているなど、デリケートゾーンのケアは当たり前のことされてます。

 

日本人はデリケートゾーンのケアに関しては後発国で、VIO脱毛や黒ずみ、においのケアの方法やデリケートゾーンケアアイテムが充実してきたのはここ数年といってもいいでしょう。

 

まだまだ情報もアイテムむ少ないですが、今後日本でもデリケートゾーンのケアは普通になってくるのは確実です。

 

このサイトではそんなデリケートゾーンの悩み解消するためのピュビケア情報を発信するサイトです。

 

このサイトでのピュビケアはデリケートゾーンのヘア、におい、黒ずみ対策として役立つ情報を発信していきますね。

デリケートゾーンってどこのこと?

デリケートゾーンの場所は特に決まってませんが、VIOゾーンをさすことが多いですね。

 

ピュビケア倶楽部ではデリケートゾーンの範囲を、臭いやむだ毛、色素沈着がある部分であることと、人の目に余り晒さない部分を指すこととします。

 

具体的には、以下3つの部分を指します。(別のサイトではVIO)

 

VIOライン

デリケートゾーン(VIO)

ちなみに、
Vラインはいわゆるアンダーヘア、陰毛といわれる性器を覆っている毛です。

 

Iラインは仰向けで開脚した時に太ももと、性器の間になる部分のむだ毛です。男性の場合はIラインに男性器(竿、玉)なども含まれます。

 

Oラインは肛門周辺のむだ毛と、お尻を割って開いた部分のむだ毛になります。

 

乳首

デリケートゾーン(乳首)
乳首の主な悩みは黒ずみが断トツです。
その他、裾ワキガなど乳首の臭いを気にされるケースもありますね。

 

デリケートゾーン(脇)
脇はデリケートゾーンに入れようかどうか迷いましたが、デリケートな部分であることは変わりなく、トラブルも多い場所なので含めちゃいます!

 

 

正しい知識があれば解決できる!デリケートゾーンの基本対策!

デリケートゾーンのことで思春期などはいじめの問題に発展したりすることもあり誰にも相談できないなども多々あります。

 

でも

 

悩んでいるのは自分だけじゃないし、正しいケアの方法を知ることで、デリケートゾーンの問題は解決、緩和は出来るということを知ってください。

 

悩んでいるだけで何もしないのがダメなんですね。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみ

 

デリケートゾーンのくすみや黒ずみは刺激によっておこされるものであり、日常生活を送るだけで起こります。

 

簡単にいってしまえば肌着や下着などのインナーとこすれるだけでも黒ずみは起こるものです。
デリケートゾーンは敏感な場所なのでちょっとの刺激でメラニン色素が反応して肌を守ろうとするからです。

 

一方、

 

デリケートゾーンの黒ずみなどは間違った認識も多い部分です。

 

いわゆる、「過度の性交渉で黒ずむ」つまり「アソコが黒いから、乳首が黒いからエロい女とか、ヤリマンだ・・・」などのメディアなどのイメージがあるせいで、色素沈着の起こりやすい肌質でも遊んでいる、などと受取る人もいます。

 

色素沈着は起こるものです。日常生活で問題なく発生するものです。

 

ただ、このような黒ずみはきちんとした知識があれば緩和できます。

 

デリケートゾーンのにおい

 

あそこが臭ったり、腋臭で悩む人はメンタル的にくすみや黒ずみよりも切実です。

 

ただ、

 

デリケートゾーンのにおいは黒ずみやくすみに比べて対策が立てやすい悩みです。

 

あそこの臭いの原因は雑菌だし、腋臭の原因も汗腺なので対策は基本的に簡単です。

 

 

デリケートゾーンのにおいで注意が必要な場合!

 

デリケートゾーン(あそこ)の臭いは子宮頸がん、淋病などの女性特有の病気又は性病の可能背もあります。

 

特にいつもにおいが無かったのに急に臭いが強くなったと感じた場合は要注意なので婦人科系で診察してください!

 

デリケートゾーンの脱毛

 

誤解を恐れずに言えば、デリケートゾーンの黒ずみ、臭いと比べればデリケートゾーンのヘアーが一番悩み的には軽いですね。(もし切実に悩んでいたらスミマセン・・・)

 

それでも私の周りで最も多かったのは「デリケートゾーンのむだ毛」の悩みで、

 

「脱毛サロンなどに行きたいけれどもどんなふうに選んだからいいのかわからない」という相談はよく受けました。

 

まぁ、黒ずみ、臭いと比べればヘアーの悩みが一番相談しやすいのかもしれませんね、

 

 

脱毛についてはデリケートゾーンケア後進国の日本でも今はかなり方法やアイテム、サービスが充実してますよ。

 

 

注意したいのは間違った脱毛方法です。

 

デリケートゾーンは敏感な部分何尾で間違った脱毛方法は肌に強い刺激を与えて黒ずみの原因になるし、より太い毛が生えてくることになる可能性もあるので。。。

デリケートゾーンのケアは正しい知識と対策が大切

ネットなどで検索してもデリケートゾーンの悩みを持っている人は多く、様々な悩みが出てきます。

 

デリケートゾーンなどは正しい知識と対策をとれば、十分に解消できます。

 

 

誰かに聞くいことが難しい場合などはネットでの検索もお勧めです。

 

 

同じ悩みを持ってい居る人がたくさんいることで、自分一人が悩んでいることではないと確認できるかと思います。

 

悩みはみんな持っています。

 

 

思いつめずに正しい知識を身に着けて一緒に悩みを解消していきましょう。

少しの投資でデリケートゾーンの悩みは消える?

自己処理やセルフケアでいくらやっても悩みが解決しない。。。

 

そんなときは少しだけ専門的なケア用品やサロンやクリニックなどの専門家の力をかりることで悩みは大きく改善することはほとんどです。

 

 

私も含めて当然最初は躊躇します。

 

でも、

 

「もっと早く来るべきだった」
「もっと早く買うべきだった」

 

といった声も多く、それだけデリケートゾーンのケアはまだまだタブー視される面もあります。

 

投資というと高額のように思えますが、実際には効果の出やすいデリケートゾーンのケア用品を購入して正しい方法で使うだけで、1回飲みに行く金額程度であることがほとんどです。

 

 

一番困るのは

 

自分の悩みにマッチしてないもの、効果の無いものを無駄に買ったりやみくもに買うことです。

 

それよりもしっかりとしたものを買うことで結果的に安価になることがほとんどです。

デリケートゾーンの黒ずみ対策におススメベスト3

ホスピピュア

 

湘南美容外科監修のデリケートゾーンに一番おススメの美白美容クリームです。
色々とデリケートゾーンのくすみ、黒ずみ対策としてクリームを使いましたが、これが一番効果がありました。

 



 

特に色素改善が難しいと言われている乳首の色に悩んでいる人にはおすすめです。

 

もちろん、乳首だけじゃなくてVライン、脇、肘、お顔などのくすみ、黒ずみにも使えます。

 

ホスピピュア

 

ホスピピュアは定期的にキャンペーンをしてます。
特に90日間返金保証や割引キャンペーンをしているときはねらい目ですよ♪

 

 

 

ヴィエルホワイト

 

ヴィエルホワイトはデリケートゾーンの美白、保湿、保護をしてくれる美容液でかなりの効果が期待できます。

 



 

シークレットレディ ジャムウソープ

 



メニュー

デリケートゾーンの美白におススメ石鹸や美容液

このページの先頭へ